洗濯するときの悩み

家庭での洗濯禁止はクリーニングしかない?簡単にできる洗い方を伝授

家庭での洗濯禁止はクリーニングに出すしかないのか?

家庭での洗濯禁止」のマークがある服。これってクリーニングに出すしかないの?

ぶっちゃけ、まだ数回しか着てないし、いつもクリーニングに出すとなるとお金がかかる…

 

そんな洗濯方法に悩んでいるあなたへ向けて、

この記事では、「家庭での洗濯禁止」のマークがある服の取り扱いについて説明します。

記事の後半では、自宅でできる簡単な洗濯方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

家庭での洗濯禁止はクリーニングに出すのが確実

まず初めに結論から話すと、
『家庭での洗濯禁止』のマークがある服はクリーニングに出すのが確実です。

そもそも、『家庭での洗濯禁止』のマークが付いている意味を考えてみてください。

「服が破けたり縮んでしまう恐れがあるから、家庭で洗濯するのは避けてくださいね」という注意書きの意味も込めて、『家庭での洗濯禁止』マークが存在しているのです。

家庭で洗濯すれば必ず服が傷む

注意書きを無視して家庭で洗濯すると服が傷む

『家庭での洗濯禁止』マークがついている服は革やウール、レーヨンなどに多いです。これらの生地は水で洗ってしまうと、傷んでしまったり・縮んでしまいます。

家庭で洗濯する場合は必ず水を使うので、少なからず服にダメージが出ます。

もちろん、「服が傷んでも構わない!」という覚悟を持っているのなら、家庭で洗濯しても問題ありません。

クリーニングなら服を傷めずに洗濯できる

クリーニングでは水を一切使わずに洗う『ドライクリーニング』という方法があります。

ドライクリーニングならば『家庭で洗濯禁止』マークが付いていても、服にダメージを与えずに洗うことができます。

最近では、ドライクリーニング洗剤というものがスーパーなどでも売られています。

しかし家庭で使うにしても、最後はドライクリーニング洗剤を水で洗い流すことになるので、服に少なからずダメージを与えることになりかねません。

結果、クリーニングに出すのが一番です。

「でも、クリーニング店が家から遠い&忙しくて行く暇がない!」という方もいると思います。

そんなあなたはこちらの「クリーニング行けない?遠い&忙しくても解決できる必殺技を紹介する」という記事を読んでみてください。

あわせて読みたい
クリーニング行けない?遠い&忙しくても解決できる必殺技を紹介する 「クリーニングに出したはいいけど、取りに行けない…」 あなたはそんな悩みを抱えてるのではないでしょうか? 夜...

宅配クリーニングを検討してください

普段からクリーニングを使っているなら、ぜひ宅配クリーニングを利用してみてください。

  • 服を洗う
  • 乾燥させる
  • 干す
  • アイロンがけをする

ここまで全部やってくれます。

あとは、宅配で帰ってきた服をクローゼットへしまうだけで終わりです。

 

余った時間はもう自由。

家族と過ごしても良し、のんびり1人で休んでも良しです!

宅配クリーニングなら家に居ながらクリーニングが完了します。あなたは一歩も家から出なくて良いのです。

 

また、「家庭での洗濯禁止」マークなどの難しいことも気にする必要はありません。

プロの職人さんが服についている洗濯表示を一つ一つ確認し、それに合ったクリーニング方法で服をキレイにしてくれます。

興味がある方はこちらの「共働きは宅配クリーニングを活用せよ!家族との時間が3倍濃密になる」という記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
共働きは宅配クリーニングを活用せよ!家族との時間が3倍濃密になる あれ?最後に家族とゆっくり過ごしたのはいつだっけ? 共働きだから、いつも帰る時間は18時以降 そこから家事・洗濯...

 

『家庭での洗濯禁止』の服を家で洗う方法

家で洗濯する方法をこっそり紹介

『家庭での洗濯禁止』マークがついている服を洗う方法を紹介します。

しかしこの記事の上でも言いましたが、少なからず服にダメージは出てしまいます。

「多少、服が傷んでも構わない!」という覚悟を持っているのなら、ぜひこの方法を実践してみてください。

30度以下の水につけて手洗い

要点まとめ
  1. 30度以下の水を張る
  2. おしゃれ着洗剤を混ぜる
  3. 汚れている部分を手洗い
  4. なるべく水につける時間を減らす
  5. 洗い終わったらすぐにすすいて脱水しましょう

※全体的に、水に触れる時間を減らすことを心がけてください。

『家庭での洗濯禁止」マークがついている服を洗うときは洗濯機を避けて、手洗いするようにしましょう。

洗濯機を使ってしまうと、中にある服同士が摩擦して服が傷む原因になったり、縮む原因になります。

『家庭での洗濯禁止』がついた服を洗うときは、面倒だとは思いますが、手洗いが一番服にダメージが少なく適しているのです。

 

また、水の温度も大事。

30度以下の水を使用することで、服のダメージを最小限に抑えます。

そして、服を洗うときはなるべく汚れている部分だけを洗うようにしましょう。

服全体が汚れている場合はしょうがないですが、部分的にシミが付いてしまったなどのときは、なるべくその部分だけを洗うようにしてください。

 

最後に、洗剤は「おしゃれ着用洗剤」を使うようにしてください。

おしゃれ着用洗剤とは、ウールなどの洗濯すると縮んだりダメージを受けやすい生地を洗濯するために作られた洗剤です。

おしゃれ着用洗剤を使うことで、『家庭での洗濯禁止』マークがついている服でも、最小限のダメージに抑えることができます。

何度も言うがこれは最小限にダメージを抑える方法

紹介した洗濯方法も、結局はダメージを最小限に抑える方法です。

そもそも、『家庭での洗濯禁止』マークは2016年12月に新しくできたもの。

今までは『水洗い不可』でしたが、改正で『家庭での洗濯禁止』に変わりました。変えた真意は分かりませんが、きっと『水洗い不可』と付いているにも関わらず、家で洗濯してしまう人が多かったのではないでしょうか?

だから、『家庭での洗濯禁止』という風に呼び名を変え、家庭で洗濯させないようにした可能性があります。

『家庭での洗濯禁止』と書いてあるのですから、できるだけ家庭での洗濯を避けて、クリーニングを利用するようにしてください。

『家庭での洗濯禁止』のレーヨンやポリエステルも同じくクリーニングに出すべき?

「家庭での洗濯禁止」のレーヨンやポリエステルはどうする?

このポリエステルの服は水洗いで洗濯しても大丈夫なのに、こっちのポリエステルの服は『家庭での洗濯禁止』がついてる!

このように、素材に関係なく『家庭での洗濯禁止』マークがついていることがあります。

レーヨンやポリエステルの服も『家庭での洗濯禁止』マークがあるならクリーニングへ!

結論から言うと、素材に関係なく『家庭での洗濯禁止』マークがついているならクリーニングに出してください。

「こっちのポリエステルの服は水洗いできたから、この服も行ける!」なんてことは思わないように。

服を作った人が「これは水洗いしてしまうと、ダメージを受けてしまう」と思い、『家庭での洗濯禁止』マークをつけています。

服を作った人の気持ちを汲み取って、なるべく服が長持ちするように心がけましょう。

素材で水洗いできるかではなく洗濯表示をしっかり確認

中には素材ごとに「これは水洗いできる!これはダメ!」なんて覚え方をしている、記憶力の良い人もいるでしょう。

しかし、どのように洗濯できるかは洗濯表示を確認するまでは判断できません。

これはクリーニング屋にいる職人さんでさえ同じです。

 

「服ごとに洗濯表示を確認するなんて面倒くさい」という気持ちも分かりますが、しっかり確認して、正しい洗濯をすることが服の長持ちするコツ。

どうしても「面倒だ!」と思うのなら、お気に入りの服だけでも洗濯表示を確認するようにしましょう。

まとめ!『家庭での洗濯禁止』と書いてあるのですから大人しくクリーニングへ出しましょう

「クリーニングへ出すとお金がかかるし、ちょっと気が引けるな~」という気持ちも分かります。

しかし、家庭で洗濯する限りは少なからず服にダメージが出るのは避けられません。

もちろん「服が傷んでも構わない!」という覚悟を持っているのなら、家庭で洗濯してもOKです。

思い入れのない服ならば、家庭で洗濯しても良いでしょう。

 

とはいえ、「お気に入りの服で長持ちさせたい!」と思うのならば、ぜひクリーニング店へ持っていきましょう。

一度縮んでしまったり、ダメージを受けた服を元に戻すのはとても難しいです。

たとえるなら、一度割れたお皿を元の新品の状態に戻すのと同じくらい難しい。もう一度新品を買い直す方がマシです。

どうか後悔しない洗濯を!

 

また、地元のクリーニング店に持っていくのなら、宅配クリーニングを活用してください。

宅配クリーニングを活用することで、あなたの生活に余裕ができますよ!

興味がある方はこちらの「共働きは宅配クリーニングを活用せよ!家族との時間が3倍濃密になる」という記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
共働きは宅配クリーニングを活用せよ!家族との時間が3倍濃密になる あれ?最後に家族とゆっくり過ごしたのはいつだっけ? 共働きだから、いつも帰る時間は18時以降 そこから家事・洗濯...